ブログトップ
村田佳彦 MURATA YOSHIHIKO
yoshihico.exblog.jp
"SHELVES" オリエ・小オブジェ展
e0212976_23191166.jpg



SHELVES オリエ・小オブジェ展

日時:2014.9.8 (月)〜9.25 (木) 日曜・祝日休廊
   10:00~18:30 最終日17:00まで

会場:オリエアート・ギャラリー
   東京都港区北青山2-9-16 AAビル1F
   03-5772-5801
   http://www.orie.co.jp



----------------------------------------------------------------------------------------------

 久しぶりに東京で作品を展示いたします。
 シルエット・シリーズの新作を出品しています。
 たくさんの作家さんの作品が並びます。
 ぜひ、ご覧下さい。
[PR]
# by yoshihiko_murata | 2014-09-08 23:29 | Exhibition
特別展「現代工芸の展開 ~加賀友禅・加賀象嵌・九谷焼・漆芸~」
e0212976_1441385.jpg



特別展
『現代工芸の展開 ~加賀友禅・加賀象嵌・九谷焼・漆芸~』


会  場 金沢市立安江金箔工芸館
会  期 平成25年10月5日(土)~11月24日(日)
     ※11月5日(火)は展示替えのため休館
開館時間 午前9時30分~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
住  所 〒920-0831 石川県金沢市東山1-3-10
      TEL 076-251-8950  FAX 076-251-8952


◆主な展示品
   ・染額「唐子蹴球図」 由水十久 2001年
   ・シルエット―しのびあし 村田佳彦 2012年
   ・Tactile Memory; Floral Impression 2011-Ⅰ 田中信行 2011年
   ・象嵌鴛鴦香合 中川衛 2007年


今日の日本において「工芸品」と呼ばれるジャンルは、工業手法の発達によって大量生産が可能となった「実用品」あるいは「工業製品」などの表現に相対する形で、手工業を基本とし、特に趣味性や意匠性、美術性が求められる分野などにおいて、伝統的あるいは革新的な技術や、コスト、時間を費やし製作されものをさし、それを作る行為を一般的に「工芸」という概念としてとらえている。このため、英語の「Craft」が、18世紀の産業革命以降に機械により量産された「日用品」に対しての職人的な手工芸品をさす意味とは微妙に異なる部分がある。

日本の工芸の歴史は、中世から近世にかけて、幕府などの産業振興政策下で育まれ高度に発展してきた芸術的な側面が工芸の独創的な発展を生み出したという流れをもち、近代以降は、作家の個性を表現する「近代工芸」を形成し現在の展開に至っている。

今回の展示では、石川県内の様々な工芸の中から、「加賀友禅」、「加賀象嵌」、「九谷焼」、「漆芸」を選び、それぞれの古典的な名品と、現代作家の力作を展示し、今後の工芸の発展を見据えようとするものである。


                                〈HPより転載〉


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この度、金沢市立安江金箔工芸館にて開催中の特別展に作品を出品させていただきました。今展は前期後期の2期に分かれておりますが、私の作品は最終日までご覧いただけるようです。出品作は、シルエット2点、結界1点です。

お近くへお越しの際は是非ご高覧ください。
[PR]
# by yoshihiko_murata | 2013-10-16 14:48 | Exhibition
グループ展のお知らせ
e0212976_23124165.jpg



 「5人展 私の手仕事」
 今城晶子 大迫友紀 宮﨑岳志 村田佳彦 森つくし

会期:2013.5.11(土)~5.19(日) 11:00 - 18:00 (最終日17:00まで)
会場:studio KamoKamo 札幌市南区真駒内幸町1-1-15

北陸を制作拠点にする作家の手仕事をご紹介します。
古い時計のパーツを使ったアクセサリー
美しくカットされたガラスの器
洗練されたデザインと草木染めの色が心地よい暖簾
てんてん模様の漆塗り箸
柔らかな肌合いの陶器なども並びます。
ぜひ、お越し下さい。


--------------------------------------------------------------------------------------

今展ではカトラリーや漆の塗り箸を出品します。
ここ数年作っていなかったシリーズですので、ぜひお手にとってご覧いただけたらと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by yoshihiko_murata | 2013-05-06 23:16 | News
雑誌掲載のお知らせ『茶のあるくらし なごみ』2013.4月号
『茶のあるくらし なごみ』2013.4月号に作品「結界 山眠る」が紹介されました。

特集「現代の茶道具100選」
    現代の茶をさらにおもしろくする次世代の作家たち(36頁〜)

柿傳ギャラリー店主・安田氏によって選ばれた茶道具のひとつとして紹介していただいています。
[PR]
# by yoshihiko_murata | 2013-05-06 23:06 | News
withart
e0212976_10214736.png



札幌在住の本間真理さん企画で立ち上げられた"withart"
札幌を拠点に道内作家を中心とした国内外の作家の作品展を企画運営されています。



----------------------------------------------------------------------------------------------------



“withart”は、札幌を拠点に、日常とアートの境界を探求する展覧会を企画しています。
アートやデザイン、クラフトの世界をもっと身近に、もっと普通に、日常の暮らしに寄り添う機会を作りたい、そんな思いを形にした展覧会を軸に活動しています。  

We plan and manage exhibitions to explore an approach to living and arts based in Sapporo.
We would like to give an opportunity to be with arts, design and crafts for our daily life.


                                <HP本文より>


----------------------------------------------------------------------------------------------------


本間さんから初めてお声を掛けていただき出品させていただいた展覧会「approach」(2011年11月)はwithartのHPで展覧会のアーカイブをみることができますので、是非ご覧下さい。



withart  http://withart-mh.com
[PR]
# by yoshihiko_murata | 2012-10-04 10:35 | News