ブログトップ
村田佳彦 MURATA YOSHIHIKO
yoshihico.exblog.jp
カテゴリ:Exhibition( 13 )
"SHELVES" オリエ・小オブジェ展
e0212976_23191166.jpg



SHELVES オリエ・小オブジェ展

日時:2014.9.8 (月)〜9.25 (木) 日曜・祝日休廊
   10:00~18:30 最終日17:00まで

会場:オリエアート・ギャラリー
   東京都港区北青山2-9-16 AAビル1F
   03-5772-5801
   http://www.orie.co.jp



----------------------------------------------------------------------------------------------

 久しぶりに東京で作品を展示いたします。
 シルエット・シリーズの新作を出品しています。
 たくさんの作家さんの作品が並びます。
 ぜひ、ご覧下さい。
[PR]
by yoshihiko_murata | 2014-09-08 23:29 | Exhibition
特別展「現代工芸の展開 ~加賀友禅・加賀象嵌・九谷焼・漆芸~」
e0212976_1441385.jpg



特別展
『現代工芸の展開 ~加賀友禅・加賀象嵌・九谷焼・漆芸~』


会  場 金沢市立安江金箔工芸館
会  期 平成25年10月5日(土)~11月24日(日)
     ※11月5日(火)は展示替えのため休館
開館時間 午前9時30分~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
住  所 〒920-0831 石川県金沢市東山1-3-10
      TEL 076-251-8950  FAX 076-251-8952


◆主な展示品
   ・染額「唐子蹴球図」 由水十久 2001年
   ・シルエット―しのびあし 村田佳彦 2012年
   ・Tactile Memory; Floral Impression 2011-Ⅰ 田中信行 2011年
   ・象嵌鴛鴦香合 中川衛 2007年


今日の日本において「工芸品」と呼ばれるジャンルは、工業手法の発達によって大量生産が可能となった「実用品」あるいは「工業製品」などの表現に相対する形で、手工業を基本とし、特に趣味性や意匠性、美術性が求められる分野などにおいて、伝統的あるいは革新的な技術や、コスト、時間を費やし製作されものをさし、それを作る行為を一般的に「工芸」という概念としてとらえている。このため、英語の「Craft」が、18世紀の産業革命以降に機械により量産された「日用品」に対しての職人的な手工芸品をさす意味とは微妙に異なる部分がある。

日本の工芸の歴史は、中世から近世にかけて、幕府などの産業振興政策下で育まれ高度に発展してきた芸術的な側面が工芸の独創的な発展を生み出したという流れをもち、近代以降は、作家の個性を表現する「近代工芸」を形成し現在の展開に至っている。

今回の展示では、石川県内の様々な工芸の中から、「加賀友禅」、「加賀象嵌」、「九谷焼」、「漆芸」を選び、それぞれの古典的な名品と、現代作家の力作を展示し、今後の工芸の発展を見据えようとするものである。


                                〈HPより転載〉


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この度、金沢市立安江金箔工芸館にて開催中の特別展に作品を出品させていただきました。今展は前期後期の2期に分かれておりますが、私の作品は最終日までご覧いただけるようです。出品作は、シルエット2点、結界1点です。

お近くへお越しの際は是非ご高覧ください。
[PR]
by yoshihiko_murata | 2013-10-16 14:48 | Exhibition
極東アジア工芸家交流展「Target - それぞれの視点 -」
e0212976_13262611.png


第3回極東アジア工芸家交流展「Target - それぞれの視点 -」
金属工芸・陶芸・木工芸・ガラス工芸・漆芸・テキスタイル

2012年8月21日(火)〜31日(金)
会場:駐日大韓民国大使館・韓国文化院ギャラリー MI / Korean Cultural Center Gallery MI

■オープニングセレモニー 2012年8月21日(火) 18:00 - 19:00
■シンポジウム 2012年8月21日(火)13:30 - 16:00


駐日大韓民国大使館・韓国文化院
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-10

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


この度このようなご縁をいただき、韓国と日本の作家交流展に出品することになりました。会場には21,22日在廊予定です。

今回はシルエットシリーズを数点出品いたします。東京での展示は久しぶりとなります。
まだまだ暑さ厳しい毎日ですが、是非ご高覧いただけましたら幸いです。
[PR]
by yoshihiko_murata | 2012-08-10 13:44 | Exhibition
Solo Exhibition "Silhouette ’12"

e0212976_1834319.jpg



Silhouette ’12, Lacquer Sculptures by Murata Yoshihiko

2012.April.7 - May.7
KEIKO Gallery, Boston MA, USA




アメリカ・ボストンにて初の海外個展をさせていただくことになりました。
展覧会にあわせて、専門誌"Ceramics Now"から取材を受けました。大変恐縮です…

以下、英文ですが転載いたします。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

From its beginning, Keiko Gallery has been committed to introducing contemporary Japanese lacquer art to the American public. We are pleased to announce the first solo exhibition by a gifted young lacquer artist, MURATA Yoshihiko, whose work relies heavily on the external play of light and shadow. His recent lyrical Silhouette focus on anthropomorphic forms whose lines twist and turn, swell and fade, like the sounds from a musical instrument. Simple, exquisite and profound, they share much in common with the brief poetic form, haiku.

Among the increasing number of well trained and gifted young Japanese lacquer artists, each of whose work is idiosyncratic, Murata Yoshihiko’s work relies distinctively on the external play of light that creates silhouettes which extend his forms and flow indistinguishably from the sculptural pieces themselves into their shadows.

Like his slender anthropomorphic forms, his occasional use of the contrasting brilliance of raden (mother-of-pearl) reflects his early fascination with the elaborate hair ornaments (kanzashi) once worn by oiran,* the high ranking goddesses of Japan’s traditional entertainment world. When he was a student in lacquer at Kanazawa College of Art — a city once famous for its entertainment quarter — he first discovered images of these courtesans whose extravagant attire and richly ornamented hair styles had captured the imaginations of most artists of Ukiyoe, the paintings and wood block prints featuring the demimonde of the Floating World. In studying these images he realized that many of the hair ornaments suggested creature-like aspects. This resulted in his exploration of small sculptures that evoked creatures of the wild.

Murata currently lives in the rural part of Japan’s Toyama Prefecture which is famous for its natural beauty and a wide variety of wild life. His encounters with the animals continually inspires his recent sculpted silhouettes.

Before he begins carving the pieces from a block of maple wood, he shapes the three dimensional form in his mind, imagining the flow of each line and arc as the cast shadows on a wall or on a flat surface. He begins to carve only after he can envision each piece from every angle.

After the form is carved, and the surface carefully sanded, he applies more than 20 coats of lacquer, each of which must be thoroughly dried, then polished — all of which requires several months to complete. It was this mastery of lacquer that led him to develop his recent lyrical Silhouette Series whose lines twist and turn, rise and fall, swell and fade like the sounds from a delicate musical instrument.

/ Murata Yoshihiko was featured in Ceramics Now Magazine - Issue One (Japanese artists). Read his interview.

[PR]
by yoshihiko_murata | 2012-04-01 18:01 | Exhibition
個展のお知らせ


e0212976_2330552.jpg



個展のお知らせです。

来月7日から、アメリカはボストン・KEIKO Galleryにて個展を開催します。

海外では初個展です。

皆様、どうぞよろしくお願いいたします。




e0212976_233168.jpg

[PR]
by yoshihiko_murata | 2012-03-14 23:36 | Exhibition
『Approach to Art and Design』
e0212976_6474728.jpg


2011年11月1日[火]~13日[日] *7日[月]お休み
OPEN 11:00~19:00

ギャラリートーク&パーティー 2011年11月5日[土] 
15:00 START 入場料\500 (1ドリンク付き)

[出演]伊藤千織、 藤沢レオ、 山本雄基
*トーク終了後も、お飲み物と軽食をご用意しております。

伊藤 千織   プロダクトデザイナー
藤沢 レオ   彫刻家
村田 佳彦   漆作家
山本 雄基   画家
Julia Lohmann デザイナー

時として、デザインは暮らしに寄り添うアートになり、 アートは、機能性のあるオブジェにもなる。
作品を二つの側面から読み取くApproach。
デザインとアートが寄り添い、その領域が近付くアプローチ。
国内外で活躍する5人の作家による、新たな空間が広がります。

企画:本間 真理

Room11 art space + cafe  
札幌市中央区北3条東5丁目355
TEL 011 208 1010
www.room11.in
Email: info@room11.in



Approach to Art and Design
Chiori Ito, Product Designer
Leo Fujisawa, Sculptor
Yoshihiko Murata, Japanese lacquer artist
Yuki Yamamoto, Painter
Julia Lohmann, Designer

November 1 – 13, 2011 *Closed Monday
11:00 am – 7:00 pm

Artist talk and Party
3:00 pm -
Saturday, November 5

Admission 500 yen

Room 11 art space + café
355, North 3, East 5, Chuo-ku, Sapporo, 060-0033
JAPAN

T +81 11 208 1010
www.room11.in
Curator Mari Homma


---------------------------------------------------------------------------------------------------------

 グループ展のお知らせです。

 札幌にてシルエットシリーズを発表するのはこれが初めてです。
 多くの方の眼に触れることを願っています。


 今展ではアートとデザインが寄り添い、
 その領域が近づくという試みがテーマとなっています。


 絵画、彫刻、プロダクトデザインが私たちの生活の中で果たす役割の大きさは
 物差しではかれるものではありません。
 

 感性を刺激し、心豊かな生活を支えるアートやデザインを発信できればと思います。


 是非、お出かけください。
[PR]
by yoshihiko_murata | 2011-10-30 06:50 | Exhibition
『Group 3』
e0212976_181194.jpg


『Group 3』

 会  場  工房 Ikuko
 会  期  平成23年8月9日(火)~ 8月14日(日)
 開廊時間  午前10時~午後6時まで(最終日は午後5時まで) 会期中無休
 出品作家  [硝子] 加護園
       [陶]  篠崎裕美子
       [漆]  村田佳彦

 住  所  岡山県倉敷市中央1-12-9
 最寄り駅  JR倉敷駅 徒歩15分


 「凛と張り詰めた空気感が心地よい作品の数々。三名の共演をお楽しみ下さい。」


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 今年で3回目となる3人展。
 
 これまではかんざしや乾漆の器を展示させていただきましたが、
 今回は工房Ikukoさんにて初めてオブジェ作品を出品いたします。


 夏の暑い時節となりますが、多くの方にご高覧いただけたら幸いです。

 どうぞよろしくお願い致します。




 在廊予定日:8月9日(火)、10日(水)

 
[PR]
by yoshihiko_murata | 2011-08-01 18:19 | Exhibition
『八人展』
e0212976_22224950.jpg



『八人展』

 会  場  柿傳ギャラリー
 会  期  平成23年6月1日(水)~ 6月7日(火)
 開廊時間  午前11時~午後7時まで(最終日は午後5時まで) 会期中無休
 出品作家  [陶磁] 今泉 毅、川端健太郎、桑田卓郎、新里明士、福本双紅
       [漆芸] 村田佳彦
       [金工] 留守 玲
       [ガラス] 笹川健一
 住 所   東京都新宿区新宿 3-37-11 安与ビル地下2階(1階あおぞら銀行) 
 最寄り駅   JR新宿駅 徒歩1分(中央東口)



 -----------------------------------------------------------------------------------------------------


 今日から新宿・柿傳ギャラリーにて『八人展』が始まりました。

 陶磁、ガラス、金工、漆の若手作家八人による展覧会です。

 


 今回は、オブジェ・乾漆の器・茶杓・結界を出品しています。
 
 会期中は残念ながら会場にはおりませんが 4日午後から在廊しております、お近くへお越しの際は是非ご高覧ください。



 詳しくはギャラリーHPまで:●●●
[PR]
by yoshihiko_murata | 2011-06-01 22:41 | Exhibition
『イヴの茶会』作品展
昨日19日に石川県金沢市にあります中村記念美術館にて『イヴの茶会』が行われました。

この茶会は金沢の作家を中心に様々な工芸・アート作家たちが茶道具や作品を制作し、「美しい時間と空間の茶会」をテーマに茶室を設え客人をもてなします。今回は濃茶席・薄茶席・和紅茶席の3席あり、さらにはクラシックコンサートも楽しめる内容となっていました。


今回私が制作させていただいたのは、茶杓と結界です。



e0212976_14301195.jpg

       茶杓「冬山路」/ Tea scoop, "Fuyuyamaji"
       富山県五箇山の鹿角/ antler
       2010





e0212976_14302690.jpg

   茶杓共筒/ Tea scoop case


茶杓「冬山路」
五箇山の雪道を行く鹿の情景

この茶杓は富山県五箇山ニホンジカの角を使いました。角は五箇山に住む猟師さんからいただいたもので、地元の鹿の角をつかって制作できたことにとても満足しています。






e0212976_14304473.jpg

結界「山眠る」/Shimabandha, "Yamanemuru"
楓, 漆, 和紙
2010



結界「山眠る」
じっと春を待つ静寂な冬山

結界は楓の木を削り出したものに漆を塗り立てて仕上げました。




また、今回茶会で使われた茶道具、アート作品はこちらの会場で展示・販売されます。

「イヴの茶会」作品展
12月22日(水)〜28日(火) 最終日は5時まで
香林坊大和6階アートサロン


是非ご高覧下さい。
[PR]
by yoshihiko_murata | 2010-12-20 14:56 | Exhibition
新作
 
 展覧会も5日目を迎えました。

 新作の一部をご紹介します。




e0212976_1515026.jpg


e0212976_152344.jpg


e0212976_15133623.jpg




 藤のツルが螺旋を描きながら伸びゆく姿
 流れるように飛び交うツバメたちの残像
 屋根の上を軽快に走り去っていったイタチの足跡
 澄んだ小川の底に映る魚たちの影

 自然豊かな南砺の地に移り住み6年が経つ
 美しい田園風景に囲まれ、はるか続く山並みを眺める
 我が家の庭には色とりどりの花や植物が咲き
 様々な野鳥たちがやってくる

 農家に生まれた私にとって、あたりまえだったはずの光景が
 こんなにも鮮やかに映るのは何故だろう

 ここに暮らし、長い間忘れていたものが甦える

 その心象を辿っていこう

 強さとしなやかさを持つ楓の木は
 心に焼き付いた自然のラインを描くのに相応しく
 漆の深い黒とその艶やかさは記憶の輪郭を映し出す


 
                     2010 村田佳彦
[PR]
by yoshihiko_murata | 2010-11-23 15:15 | Exhibition