ブログトップ
村田佳彦 MURATA YOSHIHIKO
yoshihico.exblog.jp
個展「村田 佳彦 漆展 ―陰影―」のお知らせ
e0212976_1331351.png



「村田 佳彦 漆展 ―陰影―」

会  場  柿傅ギャラリー
      東京都新宿区新宿 3-37-11 安与ビル地下2階(1階あおぞら銀行)
      最寄り駅:JR新宿駅 徒歩1分(中央東口)

会  期  平成27年12月2日(水)~ 12月8日(火)

開廊時間  午前11時~午後7時まで(最終日は午後5時まで) 会期中無休

在廊日   会期中、全日、在廊予定



村田佳彦さんの作る漆の作品は、艶やかで暖か味があり、どこかやさしい。

それは、作家の思いが漆の樹液と溶けあって、作品をやさしく包み込んでいるからである。

村田さんの作品の多くは楓の木から作られている。

楓は重硬な材質で、刃物を用いて削るにはやや厳しい木材であるが、それでも楓を使う理由は、その粘り強さにある。

村田さんは、様々な木材を用いて制作してきたが、「自然の持つしなやかなラインを表現するには楓が最もふさわしい」と語る。

村田さんが自然をモチーフに制作するのは、自然への敬意からだが、「漆の持つ美しさや独特な雰囲気を壊さないよう、常に謙虚な姿勢を心がけ、表現しすぎないことを肝に銘じている」という。

今展には、鳥の舞う姿からヒントを得た結界や植物や水の流れをイメージした香合や皿など、約40点のオブジェや茶道具が出品される。



                 森 孝一 (美術評論家・日本陶磁協会 常任理事)
[PR]
by yoshihiko_murata | 2015-11-05 13:35 | News
特別展「現代工芸の展開2015... >>